倒産するか否か?追い詰められたらビジネスローン

お金を借りるなら消費者金融を思いうかべる人も多いかもしれませんが、実際には最近では銀行からもキャッシングすることができますし、いろいろな意味で銀行からお金を借りることの利点も大きいのです。その最大のメリットはやはり金利です。消費者金融からお金を借りるよりも銀行からお金を借りたほうが金利が一般的に低いのです。それだけ毎月の負担が少なくて済むということで、長い目で見るとこれは確実に大きな違いになります。また、提携しているATMの数が多いというのもメリットです。銀行はあちこちに自社のATMを持っています。お金を借りる際にもそのようなATMを利用することになりますから、ATM網が多いというのは手数料の点で有利です。提携先のATMの場合は、利用することはできても別途手数料がかかるという場合が多いですし、消費者金融の場合は、店舗はあってもATMの数は少ないとか、あるいは全く設置されておらず初めから提携先のATMを利用してくださいと言われることもあるからです。ただ、消費者金融のほうが敷居が低いのは確かにそのとおりでしょう。

いろいろなCMでも見かけますし、街のあちこちに店舗も見かけます。さらに、どちらかというと審査に通りやすいという利点もあります。さらに、審査が早いことが多いというのも、急いでいる人にとっては大きなメリットです。消費者金融の中には、土日も営業していたり、夜もかなり遅くまで営業しているところもあります。この点は銀行は確かにちょっと及ばないところがあります。ただ、銀行もできるだけ顧客の要望に応えようととはしています。キャッシングに関しては無人契約機などを設置している店舗も多くなってきましたし、営業時間についてもさすがに3時までなどというところは少なくなってきました。そうなってくるとやはり最後にものを言うのは信頼性と金利ということになり、どちらかというと銀行を選ぶ人が増えてきているのも当然と言えるでしょう。